価格.com ブロードバンド

2010年10月30日

農家のための図書館 来月会館

毎度 おしょうしな!
晴耕雨読のための知の泉を目指して―。有機農業の先進地、山形県高畠町に、農家のための図書館「たかはた文庫」が11月1日、開館する。有機農業の研究などを通じて町の農家と18年前から交流している立教大名誉教授の栗原彬さん(74)=東京都品川区=が寄せた約4万2000冊を基にした。和田地区の農家による任意団体、和田民俗資料館管理組合が開設し、運営する。
1222840118.jpg
約120平方メートルの館内には、有機農業のほか、環境、社会、哲学、芸術などの幅広い分野の書籍や雑誌が並ぶ。
 今後も栗原さんの自宅などにある最近の研究書なども含め、書籍を随時追加し、蔵書は10万点以上になる見込みだ。1960年代前半から町内の農家がたどってきた有機農業の足跡を伝える会議、研究資料も開架する。
1日午後1時半から高畠町元和田の文庫で開館式が行われる。栗原さんが「読書とは、世界と自分を変える身体行動」と題して講演する。
連絡先ゆうきの里・さんさん管理事務所  0238(58)3060。
他の山形のブログはこちら
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形 その他の街情報へ
   人気ブログランキングへ
posted by オイタマン at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高畠町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167691718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。